居合道 東京 士魂会 英信流

IAIDO MUSOUJIKIDEN EISHINRYU TOKYO SHIKONKAI

居合の 「居」とは 心と身体の居るところ、 心身のあらゆる場合、場面のこと。 居合の 「合」とは 来たれば迎え、去れば送り、 打てば響くこと。 「臨機応変」つねに「平常心」、 しかも「油断なき心身の状況」 それが居合である。

居合道範士 剣道教師 高山阿蓉齋著
「居合道入門 無双直伝英信流之実践」

私たち東京士魂會は

居合道の習熟を通して心と身体を鍛え、より高い業(わざ)を学び、さらなる高みを目指す集まりで、大日本居合道連盟に所属しています。
会員は高段位の先生方から中学生まで、15名から20名くらいの人がいます。女性剣士もいます。老若男女に分け隔てなく門戸開放されていて、職業・職種もいろいろな多士済々の顔ぶれです。
このことからもお分かりいただけるように、士魂會は、ほかにはない自由な雰囲気と活発なコミュニケーションが特長です。先生方から、厳しく教えていただき、わからないことは質問して納得する。心を開いて楽しく学び、そして上達していく。それが私たち東京士魂會です。

私たちが学ぶ
居合とは

演武を指しています。居合は仮想の敵を想定して、それが何人いてどこから、どのように攻撃してくるのか、それをどう受けて、どう倒すか、合理的な理論を持っています。これを理合(りあい)と呼びます。その理合にもとづいて創出され、伝えられてきた業(わざ)を習得します。
直接、討ち合うということはありませんので、高齢者でも、女性でも、誰でも学ぶことができます。
ただし、高段位になると真剣を使って演武することになります。演武の所作は、心を映します。平静を保ち、なおかつ集中する心の力が求められます。

動画

練習風景

すべてを観る

居合道 無双直伝英信流「東京士魂會」

日本各地で行われる奉納演武会・奉納試合に参加できます。
詳しくは「お知らせ」をご覧ください。

<問い合わせ先>

E-mail: kashi-ma@samuraibushidosociety.com

TEL.03-5413-1717 / FAX.03-5413-1719